株式会社東邦開発/一般家屋解体・大型店舗等解体・アスベスト含解体工事・特殊困難解体工事・重量物移動解体工事・解体工事全般/京都市・近畿一円


株式会社東邦開発

トップページ >> 会社概要



弊社は1983年の創業以来健全に成長を続け今日に至りました。
大型解体工事、橋梁撤去工事などやJR西日本の末端業者として各駅のバリア工事、耐震補強工事、橋上化駅工事など
数えきれないほどの工事に携って参りました。
私たちの解体業には実績を見せることは出来ません。
しかし、更地の跡にはきれいで素晴らしい施設や住宅などが出来て夢や希望に溢れた笑顔で行きかう人々や旅客様を
ご拝見するたびにこの仕事の喜びを感じます。
工事で出会った縁を大切にそして全ての工事関係者、お客様に感謝申し上げます。
私たちの工事には振動や騒音、粉塵などが発生し易い工事であります。
不快感や不安を与えないような工法を取り組んでおります。
また、JR工事においては旅客の安全輸送を第一に掲げ日々努力して参ります。

株式会社 東 邦 開 発
代表取締役 伊井田栄治


昭和49年3月 大映京都太秦撮影場解体工事
旭化成守山工場プラント解体工事
大阪ガス京都総合センター解体工事
日本レース・ダイニック工場解体工事
昭和58年1月 株式会社東邦建設を設立
昭和62年8月 株式会社東邦開発に社名を変更し現在に至る



 +  + 


現場で実際に働く職人たちは、いつも危険と隣り合わせです。
高いビルの解体、駅舎・駅の跨線橋工事は、一歩間違えれば大きな事故を起こしてしまう危険性があります。
そして、もちろんあってはならないことですが、第三者を巻き込んでしまう可能性とも隣り合わせです。
そのようなことが絶対に起さない為に、現場周辺はもちろんのこと作業を行う自分たちの安全を第一を考え、
一切妥協せず安全が100%確保出来るまで慎重に会議に会議を重ねております。


都市化していく日々、0.1mmの間違いが取り返しのつかない大きな事故の基になる可能性が大いにあります。
例え小さな事故でも絶対に起こさない為にも、何度も何度も現場に足を運び、実際に目で確かめて一番最適な
工事工法を考え、お客様にご提案させていただいております。


全ての業種において一番大切なことがこの「信頼」ではないでしょうか?
お客様にとって、永年お住みになられたお家などには、たくさんの思い出があり愛着が湧いている大切な建物です。
その建物を解体するに当たり、私たちも「愛」を込めて丁寧に施工することにより、信頼という絆をもっともっと
太く強く出来ると信じております。



商号 株式会社東邦開発
本社所在地 〒612−8421 京都市伏見区竹田桶ノ井町18番地
075−644−1110(代)
資材置場 京都市伏見区竹田七瀬川町47番地
京都市伏見区竹田松林町10番地
資本金 10,000,000円 
営業品目 建物解体工事業
鉄道営近工事業
土木工事業
専門職人派遣業
産業廃棄物収集運搬業
業者登録 建設業の種類 とび・土木工事業
建設業許可 京都府知事許可 (般18)第22391号
産業廃棄物収集運搬業
許可登録
京都府 京都市
大阪府 大阪市 東大阪市 堺市 高槻市
滋賀県 大津市
奈良県 奈良市
兵庫県 神戸市 尼崎市 姫路市 西宮市
石川県 金沢市
福井県
社員数 内勤社員男 3名 女 3名(2018年4月現在)
技術職人 23名(2018年4月現在)
常傭人夫 30名(2018年4月現在)


昭和58年1月 株式会社東邦建設を設立
家屋解体及び土木工事を主軸とし京都府内全域で工事
その後、他府県にも業務進出
昭和62年8月 株式会社東邦開発へ社名変更
自社ビル・従業員宿舎を新築
近畿圏内全域に進出し、広く有為な人材及び諸設備を登用拡充
平成元年 「京都駅国鉄郵便局解体工事」を担当
JR西日本近畿地区、諸団体及び民間工事で絶大なる実績を上げさせて頂いております
平成7年1月 阪神淡路大震災
震災発生1月17日夕方より、被災地へ向かい救助・復興工事へ携わりました

現在も数多くの近畿圏内JR各駅での工事を始め、一般解体工事を行っております

高い技術が必要な解体工事やリスクの高い工事など、どんな解体工事でも東邦開発にご相談ください

[ 東邦開発ホームページコンテンツ ]
  トップページ
  会社概要 安全教育 工事実績 写真館 求人情報 リクルート お問い合わせ  
  □ごあいさつ □事故防止対策       □求人問合せ □見積もり依頼  
  □会社概要 □新人教育         □工事依頼  
  □沿革 □忘れるべからず         □お問い合わせ